×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

blank">SEO対策,無料,アクセスアップ | SEO対策,無料 | SEOコンサルティング,SEM | SEOブログSEO

九十九里 イタリア料理 カフェレストラン

 ボナンザネットショップ インデックスページ

ボナンザ ネットショップ

画面をクリックすると買いものができます!

 

新鮮珈琲は健康生活に貢献!

 コーヒーの血栓溶解酵素活性への働き

野菜不足や脂肪過多の食生活、溜まる一方のストレスの影響などで、血栓が原因の病気が増えています。血液が固まってできる血栓は、血の巡りを妨げ、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などを引き起こすほか、老人性痴呆症の原因にもなると言われています。

最近話題になったロングフライト症候群も血栓が原因で起こります
過去においては、コーヒーは心臓病の危険因子とされた時代もありました。
しかし、血栓溶解酵素の研究に長年取り組んでいる倉敷芸術科学大学の須見洋行教授により、コーヒー成分には、血栓を溶かす酵素を活性化する働きがあることが明らかになったのです。

血栓を溶かす酵素を刺激するコーヒー成分
食べ物や飲み物とゆうのは、一般に皆さんが考える以上に、すぐに体に影響するもんなんです。栄養分が吸収され、体を作っていくのには時間がかかりますが、一種の薬効のような効果はすごく早い。朝に食べたものが夕方には効くほどで、大きな
影響もあります、 そこで 私は、血栓を溶かす働きを食品から探しているわけです。
血栓とゆうと、心筋梗塞などの原因となるものですよね?
血栓は、ご存知のとおり血液中にできる血の固まりです。固め働きをする細胞の代表が、血小板です。
血小板板は、血管が傷ついたりすると、すぐにアメーバのように形を変え、貼りついて出血を止めますものすごく感度が良く周りの状況や電気的な変化をセンサーが察知するのです。
血栓というと、心筋梗塞や脳梗塞をひきおこす悪者としてとらえられますが、血を固める働きそのものは、なくてはならにものです。
ネズミなどは、人間よりもはるかに血が固まりやすくできています。そもそも強い動物とゆうのは、血
を固める能力がとても強い。その分、心筋梗塞になりやすいはずなのに、なりません。それは同時に
溶かす酵素とのバランスが良いからなんですね。ネズミはロングフライト症候群にはならないわけです。人間だって、若い人は心筋梗塞
になりにくい。詰まった血栓を溶かす働きがしっかり作用しているからです。

固める力と溶かす力のバランスが悪いと、血管が血栓で詰まってしまうわけですね。


そうです。できた血栓を速やかに溶かすことが必要なのです。
心筋梗塞の薬としては、尿に含まれるウロキナーゼという血栓溶解酵素を使ったものなどが
あります。でも薬とゆうのは半減期が短く、効果を発揮するのは、注射してから4〜20分
ほど。1時間かけて点滴しても、その間は効果が持続しますが、点滴が終わると効果もストップ
し、後は尿として出てしまいます。血液中の安定性が非常に悪いんですね。だから、常に血栓を溶かす
酵素を作り出す必要があるのです。そこで注目されたのが、血管の内皮細胞の働きです。
長い間内皮細胞は、血管が漏れないようにしているだけだと考えられていました。
しかし最近、それ以外の役割があることが明らかになってきました。血管の内皮細胞にはセンサー
があり、血栓ができて血液がながれにくくなると、その下流の内皮細胞のセンサーが変化を感知し、
血栓を溶かすTPAという酵素を出す働きをしていたのです。
そうです じゃーん コーヒー成分によって、TPAがたくさん出ることがわかったんです。
コーヒーを飲むと出来た血栓をとかしてくれ、詰まりにくくなる。つまり血の巡りが良くなる
とゆうことですね。 それは、心筋梗塞や脳梗塞の予防につながる可能性を示唆しています。
通常は、内皮細胞からTPAの出る量はほんのわずかですが、コーヒー成分によって、多い場合
だと30〜35倍になることが明らかになりました。これは大きい\(◎o◎)/昼間働いているとき
は、血管のの細胞への刺激も多く、TPAも活発に合成されています。でも歳をとると、活動が鈍く
なり、酵素も活発に出ません。そおいう人たちに、コーヒーが、酵素を出すためのひとつの刺激として
働けばいいと考えています。


コーヒー成分による痴呆改善作用

 高齢化が進む現在私たちは「痴呆」という大きな問題に直面しています。アルツハイマー病、脳血栓や脳梗塞などの虚血性脳疾患、老化性痴呆など、さまざまな形で襲ってくる痴呆は、家族も巻き込む身近な社会問題と言えるでしょう。


痴呆症の直接の原因は、いずれも脳神経細胞の変性・脱落で、一度壊れてしまった神経細胞は再生が不可能なために、治療は困難です
この痴呆改善に有効なアプローチとして、壊れていない神経細胞を使い、新たな神経ネットワークの形成を促す研究を続けているのが富山医科薬科大学の服部征雄教授のグループです。そして、この研究によって、神経ネットワーク形成に珈琲の成分が作用する可能性が見つかったのです。
脳神経細胞には、信号を送る「軸索」と、信号を受け取る「樹状突起」と呼ばれる部分があります。その2つがシナプス(接続部)を形成し、神経ネットワークを作っているのです。


しかし痴呆では、神経細胞が変性・脱落してしまうために、シナプスが壊れてしまうんですね。アルツハイマー病、脳血栓などの脳疾患、老化に伴って生じる痴呆など、疾患の起因は異なっていても、痴呆症状をもたらす直接の原因は同じです。そして、やっかいなことに、一度変性してしまった神経細胞は再生することはありません。 ただ人間は脳の半分も使っていないとよくいわれますが、あれは本当なんですね。これまでネットワークに介在していた神経細胞が壊れてしまっても、まだ使用していない神経細胞が残されているわけです。だったら、その残った神経細胞で代用できないだろうか、そう考えてわけですね。


しかし神経細胞があるだけではネットワークはできません。「軸索」やじ「樹状突起」が伸びてこないと、だめなんですね。じゃあ、そのふたつの伸展を促すものを見つけようとゆうのが研究です
そしてそれを コーヒーなかに見つけたわけです


実験ではまず最初に、珈琲豆エキスを神経芽細胞に添加し、5日後の状態を調べました、ちなみに、珈琲豆エキスは、生豆、浅煎り、中煎り、深煎り、の4種類でためしました。すると、ただの水を添加したものに比べ、生豆と浅煎りの豆のエキスで、神経細胞に良く伸びた突起が現れたのです。これでコーヒー豆には神経細胞を刺激する作用があることがわかったわけです。

 続く
うかれる ヽ(^。^)丿 だから 新鮮なコーヒーを毎日20杯以上飲んでいる(生豆からやいている)コーヒーを飲んでいるわたくし
マスターの頭の回転はアインシュタインナミであることが判明したのでした ・・とてもうれしくなってしまいさらにがぶがぶにみだしました。


続きです 今度はどの成分が関係しているかをつきとめる
まず酸性、塩基性(アルカリ性)、中性の物質に分けてみたところ、塩基性物質で作用を示すことがわかりました。カフェインもこの中に
含まれます。この段階では、きっとカフェインだろうと思っていました。カフェインは脳への作用がありますから。ところが、さらに分画
していくとカフェインでは反応が出ません。では何か?それがトリゴネリンだったんです。


トリゴネリンとゆうのはあまり聞き慣れない名前ですが・・・
しかし実は、トリゴネリンとゆう物質はコーヒーにたくさん含まれているんです。これまで
血糖降下作用以外の生理作用があまりわかっていないこともあり、脚光をあびてこなかったんです。


もともとエジプトでとれるマメ科のコロハ(Trigonella foenum-gracecum)の種子からみつかった
物質で、アミノ酸の一種とも考えられます。でもこの種子よりコーヒーの方が、含有量ははるかに多い
コーヒーにたくさん含まれるトリゴネリンに行き着いたことは、全日本コーヒー協会にはうれしい
結果です。

トリゴネリン 単体以上の効果のある物質はいまのところ見当たらない